「墓じまいについて」の記事一覧

お盆になると思う「墓じまい」

後継者がいなくて高齢の方にとって、お盆の時期になるとお墓参りが大変になつてきます、もう今年で限界かなと思ったら、墓じまいを検討する必要があります。

消えゆく「先祖代々の墓」

~どこにでもある「先祖代々の墓」が今確実に減少している~ 最近はあまり見かけなくなった「先祖代々の墓」ですが、・・・

作っては壊すを繰り返す-墓じまいについて

私たちの経済活動というものは、作っては壊すの繰り返しです。 生活が豊かになるためには、物が豊かになる必要があり・・・

墓じまいで意外と多い親族間のトラブル

お墓を撤去する墓じまいで多いのが親族間のトラブルです、トラブルを避ける具体的な方法とは

「墓じまい-寺院の場合」ページを追加

やすらか庵ホームページに「墓じまい-寺院の場合」を追加しました。寺院での墓じまいはトラブルが多く、その解決に少しでもお役に立てばと書いた記事です。

墓じまいは30年先を考えると見えてくる

30年先にお墓がどうなっているかを考えてみると、今自分がしなければいけないことが見えてきます。正しい墓じまいをして、ご先祖様に感謝の気持ちを手向けましょう。

お墓の中は水浸し

墓じまいでは地上部分の石を取り除くのはもちろんですが、 カロートと言われる地下の納骨室の部分も取り除きます。 ・・・

墓じまいをして散骨

墓じまいをしてお墓の中のお遺骨をどうするかという問題は悩むところです。散骨、永代供養、合葬墓などの選択肢がありますが、散骨について考えてみます。

墓じまいの権限を持つのは「使用者」です

お墓の使用者はお墓を改葬したりする権限を持ちますが、改葬する時には親族などに説明して同意を得ておく必要があります。

合葬墓を利用しよう

跡取りがいなくなるなどの理由で合葬墓を利用する方が増えています、合葬墓の仕組みや利用方法についてお知らせします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ