合葬墓

合葬墓とは、公営の霊園などで、跡取りのいなくなった方がお墓を

墓じまいした時に、お墓の中の遺骨を霊園内の専用の施設に受け入れることです。

お墓を持っていなくて、最初から合葬墓に入りたいという人も受け入れています。

今現在自宅に遺骨がある場合や、

自分用の生前予約としての受け入れを行っている所もあります。

寺院での永代供養と意味合いは同じですが、公営であるかどうか、

そして宗教性のある無し、という大きな違いがあります。

都営の霊園では、予めお墓の後継者がいなくなることを想定済みで、

大規模な合葬墓を備えた所もあります。

公営の霊園の場合には、市民サービスとしての性格が強く、

霊園内にお墓を持っている人に関しては、

遺骨を合葬墓に受け入れることに関しては安い料金で利用できます。

但しお墓を片付ける墓じまいはお墓の所有者の負担となり、

気を付けるべき点としては、お遺骨を一旦合葬墓に入れると、

返してもらえないということです。

合葬墓に入れるメリットとしては、費用が安いということはもちろんですが、

お墓を何とかしなければいけないという苦悩から解放されますし、

特にあまりお参り出来なかったような人は、お墓に草が生えていないかとか、

お隣に迷惑がかかっていないか、ご先祖が悲しんでいないか、

などの心配をする必要がなくなります。

行き慣れた場所の近くで遺骨が眠っているという安心感は大きく、

親族の方がお参りするにしても、合葬墓に案内すればよいですし、

墓じまいをしてお遺骨を移し替えたことを知らなかった人に対しても、

すぐ傍に移し替えたと言えば、ある程度の聞こえもいいものです。

毎年慰霊祭を行っていますし、たとえ関係のない人であれ、

誰かがお参りしてお線香の煙が常に上がっているので、

ご先祖様にとっては寂しくないかもしれません。

但し、不特定多数の人が一緒に眠るという意味で嫌う方もおられます。

その気になればいつでも参れるという意味では、心の荷が軽くなり、

お墓があった時よりもお参りの気持ちが軽くなるかもしれません。

都営霊園は歴史が古く、お墓の数が多いですが、申込者の数もまた多く、

空きを待っての抽選は競争率がとても高いです。

また、お墓を持っている方でも、後継者がいない方が増えてきていますので、

合葬墓もまた満杯状態になりつつあります。

実際多磨霊園では、平成29年度の合葬墓の受付は中止されました。

これからの時代は、お墓を購入する人よりも、

墓じまいする人の方が増えてくるのです。

合葬墓のある公営霊園

都営霊園 申込み期間 平成29年7月3日~7月18日 終了

・多磨霊園(一杯になったので受け付けてないそうです)

・八柱霊園

・小平霊園

千葉県

桜木霊園 申込み期間 平成29年5月8日~平成29年5月31日 終了