埋葬行為について

埋葬

お墓に亡き人の遺骨を納めることを納骨と言いますが、

墓地埋葬法での埋葬行為にあたります。

埋葬とはそもそも、土の中に埋めることで、

昭和30年代より以前には、土葬が主流でしたので、

亡き人の亡骸を火葬することなく埋葬していた訳です。

生身の体を土に埋めることで、長い年月をかけて分解されて、

やがては土に還っていたのです。

自然に還るという意味ではまさに自然葬で、

火葬などの余計なエネルギーを使わないという意味では

地球に優しいエコな方法でした。

お墓というものは本来、故人が埋葬されたその土の上に

建てられていたものなのです。

しかし、墓地不足や衛生上の問題点から火葬に切り替わり、

火葬場で火葬された遺骨を自宅に持ち帰るようになってからは、

カロートと言われる納骨室を備えたお墓の中に

骨壷を納めるようになったので、

もはや埋葬ではなく、安置するという形式になってしまいました。

お墓の中に骨壷を置いているだけですから、

自然に還ることは決してありません。

お墓が骨壷の安置所になっていることで、

遺骨がこれ以上入らないなどの様々な問題が出てきているのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ