お墓を大きく作り直すには

答え お墓の納骨室にこれ以上骨壷が入らなくなった時や、周りのお墓が大きいものばかりで見栄えが悪くなった時などには、お墓を大きく作り直すことがあります。今あるお墓のその場所に作り直すことになりますので、仏式の場合には僧侶を呼んで「魂抜き」、神式の場合にはお払いをしてもらってからご先祖様の骨壷を取り出してます。敷地に余裕がある時には敷地の角に穴を掘って仮に骨壷を埋葬し、そのような場所が無い時には霊園などの納骨堂に預かってもらった後、古いお墓を撤去してから新しいお墓の建立にとりかかります。新しいお墓が出来上がったら納骨する時に僧侶や神主を呼んで開眼供養をしてもらいます。また、お墓を大きく作り直すには結構多額な費用がかかりますので、お墓の納骨室が骨壷でいっぱいになってしまって、もう入らないのですが も参考にしてください