お墓の納骨室の中に散骨してもかまいませんか

答え お墓の納骨室の中にはご先祖の遺骨が入った骨壷が納められています。地方によっては骨壷ではなくて布袋にお遺骨を入れたものを納めたり、骨壷からお遺骨を出してから納めますが、本来はお遺骨が自然に還るものと思えば、お遺骨だけを納骨室に納めることが一番自然な形です。当然ご先祖様のお遺骨は混ざってしまうのですが、決して他人と一緒になるのではなくて家族なのですから当然と言えば当然なのかもしれません。このように広い考え方でいくと、お墓の納骨室の中にお遺骨を撒く(散骨)は納得のいくことです。但し現代のお墓の納骨室は下が土ではなくて石ですし、密閉されて空間になっていますので、土に還ることは困難です。土に還ることを考えるなら少なくとも納骨室の下は土にするべきです。また、ご先祖様の骨壷が並んでいる中に新たにお遺骨を撒くのは差別されたような気がしますので、するのでしたら、全部を撒くべきでしょう。納骨室に骨壷がこれ以上入らなくなった時には
お墓の納骨室が骨壷でいっぱいになってしまって、もう入らないのですが
をご覧になってみてください
尚、厳密に言えばお墓の納骨室の中に散骨することは「埋葬行為」になりますので、埋葬許可証が必要です