故人の遺骨を数箇所のお墓に納骨してもよいですか

答え 故人様のお遺骨を数箇所のお墓に納骨する時には、分骨ということになります。メインとなる大きい骨壷は最も縁の深いお墓に納め、分骨したお遺骨をそれぞれのお墓に納骨します。分骨のお遺骨を納骨する場合には「分骨証明書」が必要になることがありますので、斎場で拾骨する時に申し出ておけば同時に分骨証明書も発行してくれます
遺骨を数箇所に分骨すると体がバラバラになって故人の霊が迷うと言われることがありますが、霊が迷うことはありません。しかし、遺族の勝手な都合で分骨することはおすすめしません。お墓に納めた以上は責任を持って、子や孫にも「こういう方のお遺骨が入っている」と伝え、供養する必要があります