お墓

お墓には骨壷を納める納骨室があります。 お墓を作ったばかりの時には何も入っていなかった納骨室も、身内の方が亡くなるごとに骨壷が増えていきます。 特に都市型のお墓は、お墓自体も小さく、納骨室も狭いので、すぐに一杯になってしまいます。 もうこれ以上入らないという時には、本当に困ります、 お墓を大きくするわけにはいきませんし・・・

お墓が骨壷で一杯になった時の対処法その1

骨壷にこだわらなければ、骨壷から出して納骨袋に入れるという方法があります。

お遺骨が土に還るという意味では骨壷よりも、布袋に入っていた方が理想です。

しかし関東のお墓の納骨室は、全部石で囲まれていますので、土に還ることはありませんが、骨壷で納骨するよりも、スペース的には余裕が生まれてきます。

場合によっては積み重ねることも可能です。

関西あたりでは、お墓に骨壷を納骨するのではなく、布袋に入れて納骨するところがありますので、「納骨袋」と検索すれば販売されています。

お墓が骨壷で一杯になった時の対処法その2

お遺骨を布袋に入れて納骨したが、それでも余裕が無い、

あるいはお墓の中には今まで通り骨壷で入っていた方が良いと思うなら、「粉骨」をおすすめいたします。

骨壷の大きさが小さくなりますので、スペースに余裕ができます。

粉骨したお遺骨を布袋に入れればもっと余裕ができます。

納骨室の下が土になっているようなお墓でしたら、土に還すことも可能です。

これでお墓を大きくしたり新しい霊園を購入したりする必要はなくなります。

粉骨した場合の骨壷の大きさの目安は

7寸(直径21cm)→4寸(直径12cm)程度になります

粉骨前と粉骨後
↑粉骨後(4寸相当の壷) ↑粉骨前(7寸の壷)