墓じまい

墓じまいをする場合、お墓の中のお遺骨をどうするか、

ということが大きな問題です。

跡取りが無いなどの理由で墓じまいをする訳ですから、

どこかに引越ししたとしても、管理し続けないと

無縁仏になってしまうからです。

選択肢としては、永代供養、合葬墓、散骨が

思い浮かびますが、手続きとして、「改葬届け」を出す必要があり、

改葬とはお遺骨を、現在の墓から改葬先のお墓への引越しすることで、

埋葬行為しか受け付けられないような仕組みになっています。

必ず埋葬元(現在のお墓の管理者)の埋葬証明と、

改葬先(引越し先)の受入承諾が必要になりますので、

お遺骨を自宅に持ち帰るとか、散骨するなどの行為は、

たとえ改葬届けに書いたとしても、

ほとんどの場合通ることはありません。

最近は散骨が普及してきましたので、一部の役所では、

改葬届けが不要であるとアドバイスしてくれる所もあります。

しかしながら、改葬届け不要では改葬元の霊園が了承しないこともあります。

改葬届けは、明治時代に制定された墓地埋葬法を継承するもので、

死亡者は埋葬するものだという固定概念しかありませんので、

散骨などは想定されていません。

法律ですから、そう簡単には変わることはないでしょうが、

まずは個々のレベルから散骨などの実績を作っていき、

法律改正の訴えかけへと繋げていければと思います。

関連記事 墓じまいについてエンター

散骨についてエンター