お墓

改葬とはご先祖様を今あるお墓から次の新しいお墓に移すことです。

地方から都会に移り住んで、家の近くにお墓を買ったとか、

夫婦でいくつものお墓を管理するのが大変になったとか、

跡継ぎがいないので、合祀や永代供養にしてもらう、

などの理由で改葬することが多く、

都営霊園で今あるお墓を墓じまいして合葬墓に移す、散骨する

なども改葬ということになり、改葬手続きが必要になります。

改葬届

改葬手続きの流れ

  1. 現在のお墓の管理者に改葬の意思を伝える
  2. 次の受入先のお墓と契約をしておく
  3. 受入先の霊園で「受入証明書」を発行してもらう
  4. 現在のお墓の所轄の役所で「改葬届」の用紙をもらう
  5. 改葬届に必要事項を記入
  6. 現在のお墓の管理者に署名、捺印してもらう
  7. 現在のお墓に墓地返還届、工事届を提出
  8. 墓じまいをする
  9. 改葬届と受入証明書を役所に提出
  10. 手続きが済んで改葬許可証をもらったら改葬先の霊園に提出

注意事項としては

  • 改葬届の用紙は役所のホームページからダウンロードできることが多い
  • 届出は現在のお墓のある場所の管轄役所
  • 用紙は1遺骨につき1枚なので、必要な枚数よりも多めにもらうこと
  • 届出をする人はお墓の「使用者」
  • 届出が使用者でなければ委任状が必要
  • 故人の住所や本籍、死亡年月日などが分からなければ「不詳」でよい
  • 年月日についてある程度わかれば○○年頃とか○○月頃という書き方でよい
  • 所轄の役所での改葬手続きは大抵は1時間ほど待てば完了する
  • 所轄の役所での改葬手続きは、後日取りに来てくださいということあり
  • 所轄の役所での改葬手続きは郵送でも受け付けてくれることが多い

改葬手続きと同時に現在の墓じまい工事の見積りを取っておき、

施工業者も決めておきます。

そして施工業者には、墓じまいで遺骨を取り出す日に立ち会ってもらい、

お墓のカロートのフタを開けて、

中の遺骨を取り出してもらう仕事の依頼を予約します。

僧侶や神官などを呼んで抜魂供養、お払いなどをする場合には、

遺骨を取り出す時に石屋さんと合わせて来てもらいます。

遺骨の取り出し

石屋さんは僧侶や神官が使うテーブルなどの準備もしてくれます。

大抵の石屋さんは、取り出した遺骨を包む新しい風呂敷を

持ってきてくれますが、事前に確認しておく必要があります。

お遺骨の数が多い時には、どの骨壷が誰のお遺骨であるかをよく確認し、

名前が書いてなければマジックなどで骨壷に記入します。

遺骨は取り出したらすぐに新しい風呂敷に包み、

次の受入先に持って行き、納骨式をしてもらってから納骨します。

納骨式

また、受入先で新しい墓地を購入した場合には、

予めお墓を建立しておきます。

改葬の流れ

  1. 書類手続きを全て完了
  2. 遺骨を取り出す日時を決める
  3. 石屋と僧侶、神官などに立ち会ってもらい、抜魂、遺骨の取り出し
  4. 遺骨を受け取る
  5. 石屋さんは墓じまい工事に取り掛かる
  6. 遺骨と改葬許可証を受入先に持っていく
  7. 受入先で納骨式、納骨
  8. お墓の撤去が済んだら工事完了届を提出(石屋)

改葬の手続きは面倒で、特にお寺の場合には離檀料などで

トラブルになることが多く、話し合いも含めて業者に頼んだ方が

スムーズに進むことがありますが、石屋の仕事ではありません。

私はお寺との交渉で困難な場面をいくつも経験してきましたが、

特に女の方一人ではお寺さんが最初から相手にしてくれないこともあり、

1つの改葬が終わるのに半年から1年かかることもあるのです。

NPO法人やすらか庵では、手続き、交渉、抜魂供養、

墓じまいの施工、散骨、永代供養、樹木葬に至るまで、

一貫して外注なしで受け入れることが出来ますので安心です。

桜

ご自分で出来ることはして、出来ない部分だけ依頼することも可能です。

自分で出来ることをすることはご先祖様への良き供養になります。

どんなことでもご相談くださいませ。

NPO法人やすらか庵無料相談エンター