お墓のふたの開け方

墓じまいをする前に、お墓の中の遺骨を確認したい時に、そのふた(拝石)をあける仕事は、

石屋さんでないといけないという決まりはありません。

しかし、結構重たいことがありますので、怪我をしないようにしてください。

また、開けた時にふたを不安定な置き方をして覗いてみたりすることもいけません。

石が倒れてきたら危険です。

墓じまいで壊すつもりなら傷が付いても構いませんが、

中を見てみるだけでお墓をその後も使い続けるのなら、なるべく丁寧に行いましよう。

タオルなどで養生をしてから、手袋をつけるなどしてください。

専門の業者は普通ではなかなか手に入らないような専門の道具を持っています、

傷をつけたくなかったら、あるいは不安でしたら、石屋さんに頼みましょう。

お墓の蓋を開ける目的

墓じまいする必要が出て来たので、事前に中を確認しておきたい、

という理由でしたら自分で確認して構いませんが、

お墓の中に誰の遺骨か分からない人の遺骨が入っていたり、

あるはずのお遺骨が無かったりすることが実際によくありますので、

可能ならば2人以上で確認した方が、

何か疑われるような心配をせずに済みます。

また、散骨したいなどの目的で、特定の人の遺骨のみ取り出す場合には、

改葬ということになりますので、事前に改葬の手続きが必要です。

改葬についてエンター

お墓の蓋を開ける時の心がまえ

お墓は神聖な場所であり、死者が眠る場所でもあります、

お墓の蓋は黄泉の国の入り口でもあるという崇高な気持ちを持ってください。

いきなり開けるのは無謀です。

まずは通常のお墓参りと同じ所作をします、

お花をあげ、線香を焚き、合掌して蓋を開けさせて頂く旨のお断りをいれ、

神聖な気持ちで開けさせて頂きましょう。

関東と関西では違う

お墓の作り方は関東と関西では違います。火葬の後に持ち帰る遺骨の骨壺が

関東では7寸であるのに対し、関西では5寸であり、関東の方が骨壺が大きいので、

お墓の下には大きなカロート(納骨室)があって、

その上にお墓の石とふたが載っているのです。

ここでは主に関東方式のお墓のふたの開け方を掲載しています。

お墓のふたの開け方-和式の場合

お墓のふたの開け方

和式のお墓の場合には、ほとんどこの形式です、

  1. 香炉を手で持って他の場所に移動します
  2. ふたの石の片側を持ち上げて開けます

気を付けなければいけない点として

  • 綺麗な石で傷を付けたくなかったら、石屋さんに頼みましよう。
  • 大きめのバールが必要です
  • 石は重たいですから、1人よりも2人でやった方が良い
  • ふたの石はモルタルで接着していることがあります、モルタルは大抵、バールをすき間に挟んでこじれば、はがれます。
  • コーキング材などでシールしていることがあります、ゴム系のコーキング材でしたら、大きめのカッターで切ってから開けます。

お墓のふたの開け方-洋式の場合

お墓のふたの開け方

先ほどの和式と基本は同じです

  1. この場合には香炉は花立と独立していますので、一つずつ外して別の場所に移動します
  2. ふたの石を斜めにずらし、下から手を入れるすき間を作ります
  3. 中を確認するだけでしたら、少しずらして出来たすき間から中を覗きます、このままずらし続けて手前の石の上に乗せれば、完全に開きます。あるいは少しずらした時点で下から手を入れて起こして立ててから、横にずらしてしまえばすっきりします。

芝生墓地のふたの開け方

芝生墓地のふたの開け方

芝生墓地の墓じまいは面積が小さく、使っている石も少ないので、

最低の1㎡料金で済みます。

ふたの開け方は

  1. 香炉を別の場所に移動します
  2. ふたをずらします

千葉の館山などのお墓

千葉の館山のお墓のふた

お墓が一段高い石室の上に設置されています。

手前の2か所に手を入れるようになっているのがふたで、

少し持ち上げて手前にすらします。

関西式

関西式-ふたの開け方

関西式は花立の石を右か左のどちらかにずらしてみますと

お墓の中の空洞が見えます。

骨壺は地下のカロートに入っているというよりは、

お墓の石の中に納められているという感じです。

関西では骨壺が小さいので、このような仕組みになっているのです。


墓じまい総合メニューエンターには、墓じまいに関する様々なメニューがあります。