抜魂供養の意味

答え

抜魂供養とは文字通り、墓じまいの時にお墓から魂を抜くことで、閉眼供養、魂抜き、

などの言い方があります。わが国では古来より土着の信仰として、

自然の中に神が宿るという信仰があり、山川草木悉皆成仏と言われるように、

あらゆる所に神々が宿っており、その中でも木の場合にはご神木、

石の場合には磐座(いわくら)と言って、神が降りてきて宿るということなのです。

墓石も元は自然石を利用していますので、

先祖が降りてきて宿る場所であり、神聖なものとされるのです。

また、霊が降りてきて付く場所のことを「依り代」といい、

石や木など、特に大きくて背が高いものほど依り代としてふさわしいのです。

お墓を建立した時には開眼供養と言って、

先祖の霊が降りて来る依り代になるように魂を込める儀式を行い、

開眼供養を行った石には、ご先祖が依り代に降りて来ることが出来るようになります。

お墓を閉じる時には、依り代としての機能を止める必要があり、

閉眼供養、または抜魂供養を行うのです。

これは日本古来の土着の信仰の産物ですので、仏教ではありません、

魂を入れたり抜いたりということは、本来は僧侶の仕事ではありませんが、

土着の根付いた信仰を無視することなく、

仏教の中に融合して行われているのです。

高野山でも修行中に必ず高野明神に参拝しますが、土着の神であり、

守って頂いているという意味で参拝するのです。

仏教が我が国に根付いたのは、土着の信仰を排除するのではなくて、

吸収、融合していったからであり、僧侶であっても、

時には神主のようなこともしているのです。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答エンター

前 墓じまいの時に何を持っていくかエンター

次 寺院に墓じまいの相談に行ったら高額な永代供養墓をすすめられたエンター