共同墓地の管理人には特別な挨拶が必要ですか

答え

共同墓地の管理人は、墓地の管理を任されている代表者であり、数年の任期で分担して持ち回りで担当していることが通例です。管理人は、集落を回って管理費を集めたり、墓地の草刈りや清掃などの期日を決めたり、清掃奉仕に出られない人からお金を徴収したりの日常的な仕事から、お墓の改葬の場合には管理者として許可を出すようなこともいたします。このように、奉仕的な意味合いの強い仕事をしていますので、墓じまいの時には手間をかけるという意味では、菓子折りでも持って挨拶に行った方が、後々の手続きなどがスムーズにいきます。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答エンター

前 カロートの中に遺骨が撒いてあったエンター

次 寺院に墓じまいの相談するのにお布施は必要かエンター