墓じまいの意味は?

墓じまいとは、後継者がいないなどの理由で、お墓を解体撤去することで、

「墓仕舞い」「墓終い」「廃墓」などの言い方もあります。

お墓の土地は自分の物ではない

お墓には、契約する時に、土地の区画を購入するのではなくて、

土地の区画を永代に亘って借り続けますよ、という「永代使用料」を支払い、

賃借料として「年間管理費」を払い続けるという仕組みなのです。

お墓の土地は借り物であって、決して自分の土地ではありません。

しかし、年間管理料を支払っている間は、

いつまでもその土地を使い続けることが出来ますよ、という「永代使用権」を持ち、

あたかも自分の土地のように使うことが出来るのです。

従って、「永代使用権」を持ち続けるには、年間管理料を払い続ける訳で、

その年間管理料を払う人が「使用者」であり、使用者は基本的に契約者本人であり、

契約者が亡くなった場合には、その継承者が引き継ぐことになるのです。

お墓の継承者がいなくなった場合

お墓の継承者がいなくなったということは、

自分より次の世代にお墓の権利を渡せなくなったということです。

子供がいないとか、いても女の子ばかりなどの理由で継承者がいなくなります。

お墓の継承が出来ないと分かった時点で、もし現在の継承者がいなくなると、

そのお墓はやがては必ず誰も参ることがなくて、荒れ放題の無縁墓になってしまいます。

先祖の墓を無縁にしてしまわないように、墓じまいをするのです。

もしお墓が無縁になってしまったら

もしお墓が無縁になってしまったら、それによって困るのは、お墓の管理者です。

年間管理料が入らないばかりか、お墓の片付けの責任まで背負わされるからです。

しかし、継承者がいなくなってしまった時点で、

お墓の管理者は、保証人や親族などに連絡を入れて、

お墓の継承か、片付けを請求することになりますので、

親族の方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

また、お墓参りをする人がいないので、草や木が生えて、

周囲のお墓の方にも迷惑をかけてしまいます。

何よりも、お墓の中にいるご先祖様が一番悲しまれるのではないでしようか。

後継者がいなくなってしまうことは、あなたの責任ではありませんが、

ご先祖から受け継いできたものを終わりにする訳ですから、

最後ぐらいは綺麗にお片付けしたいものです。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答エンター

前 年齢的にいつ墓じまいをしたらよいかエンター

次 墓じまいのお布施エンター