墓じまいのお布施について

答え

墓じまいの時には、お墓の魂を抜く「抜魂供養」が必要なことが多く、

工事をする石材店も、抜魂供養をしていないと工事をしてくれないようです。

神仏やご先祖に関する工事をする場合には、

お祓い、お清め、供養がなされていないと怪我をしたり、

体を悪くしたという話が昔からつきもので、

私達の目に見えない方々が、お怒りにならないように、との思いなのです。

一般的には僧侶を呼んで、墓じまいの前に抜魂供養してもらいますが、

寺院に付属するお墓の場合には、当然そのお寺の僧侶にしてもらいます。

お布施は、抜魂供養が済んでから直接手渡しして構いません、

金額的には都市部で3万円程度、地方では1~2万円程度が妥当な金額です。

法事などで使うのし袋に「お布施」と書いてお渡しします。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答エンター

前 墓じまいの意味はエンター

次 墓じまいの手順はエンター