墓じまいの手順、進め方について

答え

墓じまいは今日始めて明日にでも出来るものではありません、

とても長い道のりがかかります。

思い立ってから数か月単位の時間がかかるものなのです。

お墓の使用者が誰であるか

お墓の使用者とは、お墓の権利を持っている人のことで、

お墓を購入した時の契約者が当初の使用者であり、名義変更などをして、

次の継承者になっているようなこともあります。

或いはお墓の契約者が亡くなって、名義変更していない場合には、

まず最初に名義変更する必要があります。

この名義変更ですが、お墓の解約の時に同時に出来ますので、

身分証明書や住民票など必要なことがありますので、

最初に何が必要なのかを霊園事務所に確認しておきます。

墓じまいは基本的にお墓の使用者しか出来ませんが、

使用者の委任状があれば他の人が行うことも可能です。

但し、使用者本人しか出来ないこともあります。

一般的な墓じまいの手順

墓じまいしようとするお墓が民間の霊園であるか、公営の霊園であるか、

寺院の霊園であるかで手順は違ってきますが、一般的な墓じまいの手順です。

  1. 遺骨の次の受入れ先を内定しておく
  2. 霊園事務所、あるいは役所で次の受入先の受入証明書が必要な場合には、予めもらっておく
  3. 霊園事務所に電話して墓じまいの意思を伝え、何が必要なのかを聞く
  4. 石材店に見積を頼む
  5. 石材店を決めておく
  6. 抜魂供養をしてもらう僧侶を手配する
  7. 抜魂供養の日程を決める
  8. 抜魂供養の日に僧侶と石材店に来てもらうよう打ち合わせをする
  9. 抜魂供養の日には次の受入先にお遺骨を持って行く旨連絡する
  10. 現在のお墓がある管轄の役所で改葬届の用紙をもらう
  11. (参考:改葬届がダウンロード出来る市町村エンター 改葬届の書き方エンター)
  12. 改葬届に必要な項目を書き込み、受入先の印鑑が必要なら受入先に行って押印してもらう
  13. 霊園事務所に印鑑とお墓の契約書を持って行き、墓地返還・解約の手続きをし、年間使用料などの清算を行う。そして改葬届に署名、捺印してもらう
  14. 役所に行き改葬届を提出し、改葬許可証をもらう
  15. 抜魂の日時にお墓に出向き、僧侶に抜魂供養をしてもらってから、石材店にお墓のふたを開けてもらい、出骨したら、風呂敷に包んでもらい、霊園事務所には出骨完了の旨を伝え、手続きが完了したことを確認して、その足で改葬許可証を持って次の受入先に向かう
  16. 次の受入先で受付の手続きを済ませてから、納骨の儀式がある場合には出席し、納骨する

まだまだあります墓じまいに関する質疑応答エンター

前 墓じまいのお布施エンター

次 永代使用料は解約時に返してもらえますかエンター