墓じまい業者の選び方

墓じまい業者

墓じまいの施工を依頼するのに、

まず思いつくのはお墓を建立した石材店でしょう。

しかしお墓を作ったのがずいぶん前だったり、ご先祖が建立していたりすると、

もう分からなくなっていることでしょう。

場合によっては、以前に頼んだ石材店が、

もう無くなっていたなんていうことも実際にはよくあることなのです。

一般的に石材店は、お墓を購入する時にはサービス満点です。

お墓の新規建立は利益率が高い上に、

納骨や文字入れなどの仕事が続き、霊園の前で営業している石材店ならば、

お花やお線香を買ってくれるお客さんになってくれるかもしれないからです。

しかし、いざお墓の撤去の話をすると、

もうこれで最後の客となってしまうので、これで最後ならばと、

意外と高い見積もりを出してくることがよくあります。

正直な話、お墓を新しく購入する依頼は大歓迎ですが、

撤去する依頼はあまりやりたくないことで、

私も以前には依頼主の方の撤去の依頼の交渉に、

様々な石材店にお伺いしましたが、

あまりやりたくなさそうな感じが伝わってくると、

自分だったらこんな態度は取らないと、悔し思いをしたこともあります。

今は全部自前で出来ますのでねそんな思いをすることはありません。

以前に頼んだ石材店にこだわらなくてよい

お墓を作ってくれた石材店で、

これまでにとても良いお付き合いが出来ていたなら

そこに頼むというのが人情ですし、信頼できる人であれば

騙されるという心配が無くて良いと思います。

しかし以前に頼んだからというしがらみに、こだわる必要はありません。

数社から見積もりを取りましょう。

しかし寺院や民間の墓地の場合には、

指定石材店という制度を取り決めてあるところがありますので、

必ず指定石材店が無いこと確かめてから見積もりを取ってください。

指定石材店がある場合には、もう諦めるしかないと思いますが、

あまりにも見積もりが高すぎる場合には、

霊園も交えて交渉するしかありません。

私の所に相談に来られて、交渉した結果、値段を下げてもらったり、

指定石材店を解除してもらったりすることがありますので、

おかしいな?と思ったら必ず私に相談したください。

NPO法人やすらか庵では見積もりは無料でいたしますが、

決して相見積もりの対象に使わないでください。

困っている方をお救い申し上げるのに、安くて当たり前だと思っていますが、

見積もりに行くのには、それなりの時間と手間がかかります。

一人でも多くの方を救いたいと思っておりますので、ご協力をお願いいたします。

見積もりに明細が書いてあるか

しかし、安いだけで決めてはいけません。

見積書に「撤去工事一式〇〇円也」しか書いてなかったら

止めた方がよいと思います。

見積書に明細が書いてあったら一つ一つの項目をよく確かめてください。

丁寧に説明してくれる石屋さんなら信頼出来ると思います。

後になっ別料金が発生したとか、工事の途中で予想外のことがあったとか、

こういったことがトラブルの原因となるのです。

また、出骨の時には予め石屋さんが準備してくれて、

遺骨を出してくれますので、

その時の費用も含まれているかも確認してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ