火葬が済んで骨壷に納められた故人様のお遺骨を、そのまま自宅にお祭りし続ける方がたくさんおられます。「自宅霊園」とも呼ばれるもので、お墓や納骨堂に納める予定が無い、あるいは入るべきお墓が無いなどの理由によるもので、自宅にお遺骨をお祀りしたまま、何十年も年月が過ぎてしまうこともよくあるのです。自宅にお遺骨を安置していることは法的には全く問題ありませんが、「何とかしないと」と思う気持ちは誰しも同じです。お遺骨の問題は自分だけの問題ではなく、自分亡き後の子供や孫にまで及ぶ問題でもあるのです。

仏壇の前のお遺骨