戒名のお授けと位牌の製作

ご先祖様に手を合わせてみませんか

故人の意思で散骨をしたが何もかも無くなってしまうのは寂しい
などの理由で位牌を作る方がおられます

やすらか庵では下の3つの位牌から好きな位牌を選んで頂き

信士(男性)、信女(女性)の戒名を付け、位牌に文字入れをして
開眼供養をしたものを3万円のお布施にてお渡しいたします

塗り蓮付春日位牌黒檀蓮付春日位牌紫檀蓮付春日位牌
塗り蓮付春日 黒檀蓮付春日 紫檀蓮付春日
小さな仏壇にも入る3寸(高さ約15センチ)サイズです

戒名付位牌

30,000円のお布施
信士、信女の戒名お授け、位牌、文字入れ1人分、開眼供養、送料込み

お申し込みはこちら→戒名付位牌のお申し込みフォーム

位牌製作の流れ

お申し込み

戒名授与

お振込み3万円

位牌文字入れ

完成

開眼供養

戒名の証書と共に郵送
送料はこちらで負担いたします

お受け取り
(代引きの方はお受け取り時に代金と引き換えにお受け取り下さい)

戒名とは

仏門に入って戒律を守ることの証として僧侶から頂くもので、法名とも言い、仏道における名前であり、本来は生きている時に仏門に入り、頂くものですが、現代では亡くなってから頂くことが通例となっています。その戒名を刻んだ位牌は故人様の霊が宿る象徴であり、お葬式の時には僧侶の後に位牌を持った喪主が続きます