やすらか庵で粉骨した場合、粉骨後の入れ物は選べますか

答え やすらか庵で粉骨される方は、散骨や手元供養が目的である方がほとんどです。粉骨した後の目的により、目的に応じた容器(入れ物)が必要になってきますが、やすらか庵ではあらゆる状況を想定し、選んで頂けるようにしています。海で散骨する場合には水溶性紙、手元に残される場合にはガラス容器やちょうど良いサイズの骨壷などを揃えています。水溶性紙やガラス容器、骨壷などは無料です。手元供養品なども揃えておりますので、ご覧になってくださいませ。