故人の愛用の品物も粉砕出来ますか

答え 故人様のお遺骨をお墓に納骨する時には故人様の遺品であるメガネや入れ歯、時計などを骨壷に納めることがあります。あの世に行っても良く見えるようにとか、食べ物を食べるのに不自由しないようにといった心遣いが感じられます。お墓に納骨する時には極端な話、金属でも不燃物でも気にする必要はありませんが、散骨する時に故人様が愛用していた遺品をそのまま撒いてしまうことは、環境に優しい散骨ではなくなってしまいます。それでは粉砕すれば環境に影響ないかと言えば、そうでもありません。散骨の時には故人様のお遺灰以外には花などを除き、撒かないようにするのが法務省の見解である「節度を持って」ということに当てはまります。故人様の愛用の物で燃えるような物でしたら、お焚き上げを利用するのが良いと思います。