ペンダントに入れる分だけ粉骨して欲しい

答え 今流行の手元供養品で、ペンダントに故人様の少量のお遺灰を入れて身に付ける方が増えています。散骨する予定があるのなら予め粉骨しておいて、少量をペンダントに入れますが、お遺骨をどうするか決めていない状態でペンダントにお遺灰を入れたい場合には、骨壷の底の方に入っている粉状のお遺骨を少しだけ入れてみてください。小さな骨のかけらでも構いません。ペンダントの入り口が細い場合には、大抵はお遺灰を入れるためのロートが付属していますので、ロートを利用してなるべく細かい粉状のものを入れてみてください。こういう場合には、わざわざ粉骨する必要は無いと思います。