昨日は骨壷の処分の仕方を書きましたが、今回は骨壷のカバーなどについてです。通常、骨壷は桐の箱に納められてからカバーがかけられています。桐の箱は何かに使えそうで捨てるのはもったいないですが、他のことに使わないでください。これもやはりハンマーなどで壊します。カバーについては名前が書いてあったら消してからなるべくハサミなどで小さくしてから桐の箱と共に燃えるごみとして処分します。カバーもやはり、お遺骨を出してしまうと、単なる入れ物になってしまいます。しかし、亡くなった方のために準備したものですから、その方のために使ったら、他のことには使わないようにしましょう。なるべく丁寧にということなら、お焚き上げを利用しても良いと思います。