生まれる前に亡くなった、或いは幼くして亡くなった子供のことを水子と言います。水子の心は全く穢れの無い状態で、この世での罪は無いのですが、ただ一つ「親を悲しませた」罪のために三途の川を渡ることが出来ないと言われています。果たして水子は散骨しても良いのでしょうか、結論としては散骨して構いません。それは、大自然から頂いた命であり、再び大自然にお返しするのが礼儀なのです。