埋葬許可証とは火葬の後に斎場が発行するもので、骨壷の中のお遺骨が故人様のものであることの公的な証明書となり、霊園や墓地に納骨する時に必要になります。散骨された方で納骨する予定の無い方には必要の無い書類になってしまい、処分してしまっても良いのですが、少しだけ残したお遺骨を納骨するようなことが将来的にある場合には、保管しておくことをおすすめいたします。封筒サイズで机の中にでも入りますので、邪魔になるようなことはないと思います