散骨は四十九日にするべきか

答え

散骨の時期については世の中の習慣と照らし合わせて、

四十九日に合わせてされる方が最も多いです。

四十九日はもともと仏教のしきたりですが、

この日に故人様の法事を行い、お墓へ納骨することです。

仏教に関係無い方でも四十九日のことを気にしますので、結構世の中に定着した習慣です。

散骨をお墓に納骨する代わりに大自然への納骨だと考えたら、

四十九日に散骨することは妥当なことかもしれませんが、

ご遺族の方の心の整理がついていなければ、別にこの日にこだわる必要は全くありません。

1年目でも3年目でも、あるいは故人様の誕生日でも何かの記念日でも構いません。


まだまだあります散骨に関する質疑応答エンター

前 故人のお遺骨(遺灰)を少しだけ残したが、最後にどうしたらよいかエンター

次 散骨と共に位牌や仏壇も処分したいエンター