散骨に参加した人の愚かな反逆行為

答え

散骨にたくさんの方を呼んだ場合、

参加される方の中には散骨を快く思っていない方が含まれていたりするものです。

快く思わないだけならまだしも、

故人様の遺骨(遺灰)をポケットに入れて持ち帰る方がいたという話を聞きました。

散骨には反対して納骨を主張していた方ですから、

おそらくポケットの中のお遺骨は納骨するのだと思います。

散骨のご案内をする時点で呼ばなければ良かったのかもしれませんが、

招待しなければ招待しないで、ますます関係が険悪になってしまうかもしれません。

散骨に参加しながらお遺骨を持って帰るなんて、裏切り行為で、

大人のすることではありませんが、

故人様が望んでいたことに対して違うことをしたということにおいて、

故人様はがっかりしていることでしょう。

参加された方にしてはお墓に入れることが幸せだと思う親切心かもしれませんが、

喜の本人に喜んでもらえなければ親切ではありません

このような人がまた新しい恨みつらみを作り出して、

その恨みを永遠に連鎖させてしまうのであり、愚かな行為としか言えません。

しかし、自分で蒔いた種は自分で刈り取るしか方法はありません。

このような方がいるような場合には最初から招待しないことが一番だと思います。

思い切って身内の者だけで散骨した方が良かったと思います。


この他にもたくさんの散骨に関する質疑応答エンターがあります

前 入るべきお墓があるのに生前に全部散骨してくれと言われたエンター

次 散骨はいつすれば良いですかエンター