散骨に反対する人を説得してもらえますか

答え 故人の意思で散骨をする場合には、あくまでも「故人の意思」であることを貫き通します。生前中の故人の意思は最大限に尊重されるべきです。散骨が故人の意思で無い場合には周りの人でよく話し合う必要があります。古い風習にこだわる人がいる場合には反対されることがよくありますが、現実問題を見つめつつ、時間をかけて話し合えば解決することもよくあります。どうしても納得出来ない場合にはご相談ください。場合によっては私が話し合いに加わることも可能でございます。