自分の亡き後に散骨して欲しいが、家族に話をするタイミングは

答え もし自分が亡くなったら散骨して欲しいと望む方は結構たくさんおられますが、こういう話は家族の中でも普通に話せないことが多いですね。心の中で思っていても相手に話をしなければ決して伝わらないもので、もしもの時には自分の望んでいなかったことになっても仕方ありません。こういう話は、例えば家族で散骨のドラマやニュースを見ている時に自分はこう思うと、軽い感じで話をするのが最も自然です。皆がそれぞれに自分の意見を述べれば、誰がどう思っているのかが良く分かります。意見が合えば、一気に話を進めてもいいでしょうし、意見が違えばまたの機会に別の観点から話をしてみれば良いのです。大切なことは、自分の意見を述べ、相手の話を聞くことです。この積み重ねが、もしもの時に家族が一致団結出来る力となるのです。