散骨したことを知らせていない親族が故人にお線香を上げに来る

答え 散骨をしたことを親族に知らせていない場合、お遺骨がまだ自宅にお祀りされていると思って、近くに寄ったついでにお参りに来るなんて言われたら慌てるかもしれませんよね。そのような場合にはお遺骨が無くても故人様の写真などを飾った祭壇や仏壇にお参りしてもらえば良いと思います。お遺骨は散骨したことを伝えれば納得して頂けることでしょう。供養のためにお参りすることが目的ですから、お遺骨はあっても無くても良いでしょう。要は手を合わせる対象として故人様をお祀りする祭壇があるかどうかだと思います。祭壇は敷物の上に故人様の写真やお花、遺品、線香、ロウソクなどを配置した自分流のもので構いません、手作りの方が親しみを感じて安らぎを感じます。