散骨が無事に済んだことの報告

散骨が無事に済んだことの報告をします

散骨が無事に済んだらその報告を葬儀などでお世話になった方に報告いたします。葉書や封書、場合によっては電話でも構いません。絶対にしなければいけないものではありませんが、散骨を身内の方だけで行った場合などでは、お友達の方などがお盆やお彼岸にお線香を上げに来られた場合などでも改めて説明する必要がありませんし、困惑することはありません。散骨に参加された方には散骨のお礼も忘れずに、散骨時の写真があれば同封しても構いません。もし散骨に反対していた方がいたら、敢えて報告は送らずに、そっとしておく方が良いと思います。いずれにしても故人様が亡くなって初めて故人様の交友が広かったことに気付くことが多いものです。故人様亡き後もお付き合いは続くことでしょう。人間関係は全てご縁ですから、ご縁を大切にしてください。人はいろんな人に支えられて生きているものです、故人様に感謝すると共に、支えてくださった方にも感謝の気持ちを表しましょう。