0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

海の散骨

海の上に浮かぶブイは、いろんな役目を果たしていますが、

このブイは、船の航路を示すもので、航路は海の道であり、

大型船が通るに充分な深さのある道はここですよ、と案内しているのです。

ブイは航路の所々に赤と緑が一対てなって設置されていて、

船は必ず赤と緑のブイの中を通れば安全に通行できるのです。

航路の中では右側通行であり、車に乗る時は左側通行、

船に乗る時は右側通行と、しっかりと気持ちを切り替えなければいけません。

ブイは、昼間は肉眼ではっきりと見えますが、

夜になりますと、見えなくなるので、赤いブイには赤色の、

緑のブイには緑色の灯りが灯りますので、夜でも活躍しているのです。

私は、この形がとても好きです。

浪に揺られてゆらゆらとしていますと、とても哀愁を感じるものです。

しかし、嵐の時には、倒れはしないかというぐらいに、

激しく揺れているもので、それでも船が安全に通れるように

がんばっている姿だからこそ、

とても素敵な形に見えるのではないかと思います。

散骨の帰りに少し暗くなりかけた頃に、灯りが灯ります。

今日も一日、お疲れさん、と声をかけてもらっているような気がして、

プイさんこそ、いつもありがとう、と声をかけるのです。