0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

散骨-写真

2008年の写真ですが、夜にレインボーブリッジの下を通った時の写真です。

船で通らないとこのような写真は撮れませんし、

ましてや夜の写真はとても貴重です。

この頃には、岡野さんという方がいて、私より10歳くらい年配の方なんですが、

散骨の時に大きなクルーザーを出してもらっていました。

都内にマンションがあるのですが、

とにかく船が好きな方で、よく船に寝泊まりしていました。

病気が原因で今は亡き人なのですが、気さくな人で、

夜のお台場がとても綺麗だからと、

お誘いを受けて乗せてもらった時の写真です。

都会も夜になれば、昼間の顔と違う表情を見せてくれます。

たくさんの色とりどりの灯りは、限られたエネルギーの無駄遣いなのですが、

それでも素直に、そして単純に、綺麗なものですね。

色んな角度から都会の夜景を見る機会がありますが、

とても綺麗だと言っていた人、同じ景色を見た人が今はいない。

と思うととても複雑な気持ちです。

例え私がいなくなったとしても、この景色はまだ続いていることでしょう。

誰も見る者がいなくても、綺麗なのですから、

見て、綺麗だと言ってあげた方が、レインボーブリッジさんも

喜んでくれるのではないかと思った次第です。