海の散骨

海の散骨

日本で行われている散骨の大半は海の散骨です。

陸地の場合は必ず国、法人、会社、個人などの所有であり、

所有権がはっきりしているのに対し、海の場合は個人の所有が無いこと、

誰でも自由に立ち入り出来ること、法的な規制が無いことなど、

散骨に適した条件が揃っていると思います。

散骨するには遺骨を粉状にする粉骨が必要です。

海は生命のゆりかご、生命が産まれては還っていく心の故郷です。

粉骨から散骨まで全ての工程で立会いが出来るのが

やすらか庵の散骨の特徴で、皆が参加したという充実感は格別です。

また、一緒に参加しない委託でも、故人様が見ているという自覚を持ち、

一切の手抜きはいたしませんので、安心です。

やすらか庵の散骨メニュー

海の散骨の知識が学べます

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ