同伴散骨で故人の好きだったものを一緒に海に手向けたい

答え

散骨するのに、亡き人が好きだったものを手向けてあげたいという気持ちは

誰にでもあるものです。

また、病気で闘病生活が長かったような方の場合には、

お酒が飲みたかったとか、大好きな食べ物を食べたかったという

思いが残ったままかもしれません。

場合にょっては、コップ一杯の水でさえ飲めなかったとしたら、

そのお水がどんなに欲しかったことでしょう。

このような場合には、死者の渇きを潤すものを手向けることは、

思いやりの気持ちの表れなのです。

食べ物や飲み物でしたら、適度な量お持ちいただいてかまいません。

例えばお酒でしたらビンでお持ちいただいても中身の投入となり、

お菓子でしたら袋から出して中身の投入となりますので、

事前にご準備ください。環境保全のために適量ということでお願いいたします。

時計やメガネなどの貴金属、本や衣服などのものはご遠慮願います。


まだまだ他にも海の散骨に関する質疑応答エンターがあります。

前 海洋散骨は環境汚染にはならないのでしょうかエンター

次 散骨した地点と同じ場所に行くことは可能ですかエンター