身内の者だけで散骨したい

答え お葬式は故人様との最後の対面となりますから友人や職場関係などの方にお知らせすると意外と多くの方が訪れることになります。実際に弔問される方々の数の多さを見て、こんなにもお付き合いがあったのかと驚かされることでしょう。弔問の方の数が多ければ多いほどその接待に追われ、気がつくと故人様とのゆっくりとした時間を過ごすことなく終わってしまうものです。最近は家族葬や密葬が増えてきましたが、故人様とのお別れをゆっくりとしたいという気持ちの表れだと思います。散骨は実際は身内の方だけですることがほとんどです。船に乗船するのに限りがありますし、場合によっては散骨を快いと思わない方がいるかもしれないからなのです。一人一人の手で故人様のお遺骨を撒くことを思えば縁の濃い方が参加されるのが好ましいと思います。