自分の代で家が絶えてしまうので、散骨を生前予約したい

答え 遺骨のとり扱いはあなた自身がなさることではなく、お亡くなりになったあとで遺族の方がすることなので、あなたの意思が必ずしも通じないこともありますので、必ず事前にご家族や親族などとよく話し合ってください。そして自筆で書いて捺印した「自筆証書遺言」を作成して信頼のおける人に日頃から伝えておくと実現の可能性が高くなります。「自筆証書遺言」のサンプルは→こちら
やすらか庵ではやすらかの森散骨の生前予約を受け付けておりますので、どうぞご利用ください→やすらかの森散骨生前予約