自分の代で家が絶えてしまうので、散骨を生前予約したい

答え

生きている内に自分の死後のことを決めておきたいという、

いわゆる「終活」がブームになっているようですが、

子や孫、家族、周りの人に迷惑をかけたくないという気持ちは、

ある意味、子に対する親心(おやごころ)であり、温かい気持ちでもあります。

散骨に関しては、例えばお墓があるのに散骨して欲しいという希望であった場合など、

親族の反対で無理やりお墓に納骨なんていう話も時々ありますので、

念入りに準備しておく必要があります。

遺骨のとり扱いはあなた自身がなさることではなく、

お亡くなりになったあとで遺族や親族の方がすることなので、

あなたの意思が必ずしも通じないこともありますので、

必ず事前にご家族や親族などとよく話し合ってください。

そして自筆で書いて捺印した「自筆証書遺言」を作成して

信頼のおける人に日頃から伝えておくと実現の可能性が高くなります。

最近はネットの世界で不審な業者が明らかにお金を集めるだけの目的で

散骨の生前予約をしていますので、ご注意ください。

私の所には、お金を払ったけれど、いざという時に連絡したら

会社が無くなっていたという相談を多数受けております。

こういう業者は要注意です

  • 安すぎる
  • 電話番号、住所、会社名などの記載が曖昧
  • カード決済で証書が届くだけ
  • 散骨の具体的な説明が全く無い
  • イメージ写真のみ
  • 業者名をいろいろと変えて悪事を働く
  • オークション系にも出没する

やすらか庵は散骨の生前予約を受け付けており、

お金を払っておきたいという方のご要望にも応じておりますが、

NPO法人として活動していますので、「困った方の救済」が目的です、

人をだますようなことはもちろんいたしませんし、

生前予約に関しては、手をつけることなくストックしております。

自筆証書遺言エンターサンプルご覧ください

やすらか庵ではやすらかの森散骨の生前予約を受け付けておりますので、

どうぞご利用ください→やすらかの森散骨生前予約


他にもたくさんの散骨に関する質疑応答エンターがあります

前 ペットの遺骨と共に散骨しても構いませんかエンター

次 散骨には役所に届出するような必要はありますかエンター