散骨したことを知らない故人の親族に分骨してくれと言われた

答え お葬式は身内の方だけでしたいと思っていても実際には多くの方が来て、その応対だけで大変だったという話をよく聞きます。そういう経験から散骨だけは故人とゆっくりお別れしたいと望むことが多く、家族だけで行うと、親族や友人の方には散骨の報告を連絡したり、場合によっては全く連絡しなかったりします。しかし、ある日突然親族の方が来られてお遺骨を分骨して欲しいなどと言われたら困ってしまいますよね。全部散骨していたら正直に「全部散骨しました」と言うしかないでしょう。出来れば「故人様の遺言で全部散骨しました」と言えば諦めてもらえます。しかし、こういう時のために少量のお遺骨(遺灰)を残しておくことをおすすめいたします。少量でも残しておけば、分けて差し上げることが出来るからです。少量残したお遺骨(遺灰)は自分が亡くなった時に棺おけの中に入れてもらうようにします。